ブログ

味の好みを決める4つの「おいしさ」とは

京都大学大学院農学研究科教授の伏木亨さんが
興味深い研究をしています。

それは「おいしさの仕組み」です。

人それぞれ「おいしさ」というものは
異なりますが、この仕組みを知ることで
今までのメニューや新メニューを新しい角度で
見直すとよいかもしれません。

伏木さんによると、人間が「おいしい」と感じる
しくみには4つのタイプがあるそうです。

1.生理的おいしさ
⇒汗をかいたら塩味がほしくなる

2.文化的なおいしさ
⇒海外滞在中に和食が美味しく感じる

3.情報によるおいしさ
⇒値段の高いワインほど美味しく感じる

4.病みつきのおいしさ
⇒人為的に生成した食品を食べた時に感じる

★参考ページ★
味の好みを決める4つの「おいしさ」とは
働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

関連記事

雑誌で大長軒が紹介されました♪

utinogyoza ファミリーマートやサークルKサンクスで販売されている楽天レシピ本「うちの餃子55」で弊社が紹介されました(^O^)/

この本の監修&餃子店店長である安野さんが、なぜ弊社の皮を選んだのか!がよくわかる内容になっておりますので、是非ご覧ください!

おすすめ商品

  1. 業務用 ワンタンの皮 大きさを自由に選べます!
  2. 【元祖】昔ながらの中華麺!つるつるシコシコがたまらない☆
  3. こってり味噌ラーメン、豚骨醤油専用麺、強いスープに負けない麺
  4. 業務用 シュウマイの皮 大きさ厚さを自由に選べます!
  5. 茹で上げ30秒で美味しい!時短極細麺
  6. スープが絡む!つるぷる食感がたまらない☆つけ麺用平打ち極太手もみ麺
  7. 油そば、つけめんに「平打ち麺」個性的な麺メニューに最適!
  8. 「天壇」+タピオカ配合つけ麺!麺だけでも抜群の美味しさ☆
  9. 業務用 餃子の皮 なんと!70種類の大きさ厚さから選べます!
  10. 角のない丸い麺が特徴的!ちゃんぽん等に最適☆

最近の記事

ページ上部へ戻る